BLOG

Webサイトに
まつわるはなし

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ペイント3D
  4. 画像のサイズ変更をするには?~Microsoft ペイント3Dを使おう~
ペイント3D

画像のサイズ変更をするには?~Microsoft ペイント3Dを使おう~

ペイント3Dについて

ペイント3D

Windows10には「ペイント3D」というアプリが標準で入っています。
今までのWindowsで使っていた「ペイント」が、「Windows 10 Creators Update」以降非推奨となり、それに代わるアプリが「ペイント3D」です。
今までの「ペイント」よりもできることが格段に増えていて、慣れれば初心者にも使いやすいものになっています。
アプリの名前に「3D」とついていますが、2D画像も普通に扱えます。

今回は、ペイント3Dを使って、画像のサイズを変更する方法をご紹介します。

※「Windows 10 Creators Update」以降非推奨になっている「ペイント」も、今までどおり使えるみたいですよ!

画像のサイズを変更する

さっそく「ペイント3D」を使って画像のサイズを変更してみましょう。
デジカメやスマホで撮影した写真は、Webサイト用として使うには解像度が大きすぎて、そのままアップロードして使用するとWebサイトの表示に時間がかかるだけでなく、サーバーの容量も圧迫します。
このため、Webサイトに表示する最適なサイズにしてからアップロードすることが大切です。

ペイント3Dで画像を開く

ペイント3Dで画像を開く

編集したい画像の上で右クリックをして、表示されたメニューの中から「ペイント 3Dで編集する」をクリックします。

「キャンバス」をクリック

「キャンバスをクリック」

上部メニューにある「キャンバス」をクリックします。

画像の縦横比を保持したまま小さくするための設定

ペイント3D

「縦横比を固定する」にチェック、「キャンバスのサイズを変更するときに、画像も調整します」を「オン」にします。

サイズを入力する

「幅」もしくは「高さ」を入力します。

ピクセル指定の場合

ピクセル指定

サイズが「ピクセル」で決まっている場合は、こちらの方法です。
単位を「ピクセル」に設定してからピクセル数を入力し、Enterキーを押下します。

パーセント指定の場合

パーセント指定

半分のサイズにしたい!というような場合は、こちらの方法です。
単位を「パーセント」に設定してから数値を入力し、Enterキーを押下します。

名前を付けて保存する

名前を付けて保存

もともとの画像とは別の名前で保存しておくと、間違えた場合などにもやり直しがきくので、こちらの方法をおすすめします。
上部メニューにある「メニューの展開」をクリックします。

名前を付けて保存

左のメニューにある「名前を付けて保存」をクリックし、「2D – JPEG」ボタンをクリックします。

※PNGファイルとして保存したい場合は「2D – PNG」をクリックします。
PNG形式で保存するとJPEG形式よりファイルサイズが大きくなるので、Webサイトで使うための画像であれば、JPEGをおすすめします。

ファイル名入力

ダイアログで保存場所を選択し、ファイル名を入力します。
「保存」ボタンをクリックすると、指定した場所に保存されます。

ファイルを確認してみよう

ファイルの確認

指定したサイズで画像が保存されています。

※エクスプローラで「プレビューウィンドウ」を表示して確認しています。

まとめ

いかがでしたか?
慣れればとっても簡単です。ペイント3Dは、最後の設定を覚えていて、次回表示したときに初期設定してくれるので、連続して複数の画像サイズを変更したい場合にも便利ですよ。

こちらの記事も読まれています